スポンサーリンク

初心者がレッスンで混乱するNGな指導方法5選【ピアノに限らず】

レッスン,ピアノ教育,ピアノの先生のつぶやき,つぶやき

自分が長くやってきている事や専門的な知識、経験があるとどうしても忘れがちな初心者の気持ち。

これは、自分が全く知らない新しい事を始めた時にあらためて知ることができます。

・なんでこんなに難しいの!
・何のことかわからない!

知りたい、分かりたいのに、自分のレベルに合った情報が得られないという経験です。

今回の記事は、そんな初心者を経験して困惑したことを5つご紹介します。

きっとレッスンに役に立つはずです。

スポンサーリンク

初心者がレッスンで混乱するNGな指導方法5選【ピアノに限らず】

見よう見まねで、楽しみでやっていたことを本格的にやってみよう!と思った時にはじめて対峙することになる、物事の基本。これをプロレベルで学ぼうとすることは、かなり大変なことですよね。

でも、習いたい!学びたい!と思って始める事なので、やり遂げる方法を知りたいものです。

ではまず、初心者が混乱することについて深掘りしていきましょう。

初心者が最初にぶち当たる壁

初心者がまず最初にぶち当たる壁は以下の3つです

  1. 基本的な専門用語
  2. どこから手を付けたらいいのか
  3. やらなければいけない事の精査

初心者が困難に陥り、継続を妨げる大きな要因でしょう。

1に関してはかなり自助努力が必要です。しかし2と3に関しては具体的に提供できるものです。

ストレスが少なく学ぶには

では、どうすればストレスを少なくして学べるかを考えてみましょう。

  1. 基本的な用語や楽譜の読み方はソルフェージュや楽典で学ぶ
  2. レベルに合った教材を適量に提示する
  3. 手順を提示する

この3点で、かなり無駄が省かれ、学ぶことにフォーカスできるようになります。

逆にここがはずれていると本当に辛い…と感じる事が多くなります。

混乱する指導5つと改善…というかお願い

ではここからはさらに、混乱させられる以下のNGな指導方法を5つに絞って深掘りしていきます。

  1. 情報過多
  2. 少なすぎる情報
  3. 時系列を無視したレッスンの流れ
  4. 具体的ではない出来ていないというだけの指摘
  5. 出来ていることの念押しの指摘

これらは、どうすればよいのだ!分からない!という混乱を招く大きな原因です。

では1つずつ解説していきます。

情報過多

情報が多すぎると、そこから信ぴょう性の高いものを探し出して、精査して、決めて、行う。と言う工程が多すぎるため、そもそもそのスキルを上げるという所に至るまでで疲れ果ててしまいます。

人間がパッと認識でき、理解できる情報量は3つくらでしょう。

初心者が欲しい情報は

  1. 何を
  2. どれくらい
  3. どんな手順で

この3つです。

少なすぎる情報

逆にあまりにも情報が与えられないと、また混乱します。何をどうしたらいいのか、どうやったらいいのかが初心者の欲しい情報なので、そのどれかが欠けると混乱します。

時系列を無視したレッスンの流れ

初心者は一段ずつしか階段を登れない状態なので、少し上ったところで

やっぱこっち降りてきて!

と言われると、降りるのも一苦労でどこまで登ったかが分からなくなり混乱します。

具体的でない指摘

そこ、ダメだよ。

と、ダメ出しだけされて、具体的に何がダメなのかが分からないような指摘。何がダメなのか深く考察して調べて…としていると、それだけでものすごくエネルギーを費やし挫折してしまいます。

出来ている事を念押しするような指摘

これが一番混乱するかもしれません。

あなたは出来ているからスルーしていいよ

という前置きがないと、まだ何かが出来ていないのか?と正しいことが分からなくなり混乱します。

【まずは独学からという方へ。30日で弾ける初心者向けピアノレッスン 3弾セット】

初心者としての混乱の経験の経緯

上記の混乱したことは実際に経験した混乱の事例です。

このブログはWordpressを使って書いています。プログラミングの事やAdSenseなどの収益化する仕組みなどを取り入れようとする時、その専門的な用語や様々な苦労があります。

同じような苦労をして記事にされているブロガーの方もいて情報を頂けることも多々あります。

しかし…しかしです!

GAFA(Google Amazon Facebook Apple)のサイトに記載されている内容や、ヘルプやメールが、外国語の翻訳だからかもしれませんが、非常に分かりにくく不親切で、何度も

「どゆことやねん」「うー、わからーーーん!」

と壁にぶち当たるという経験を日々していて、これってピアノの初心者の方も同じような気持ちなのだろうなと、あらためて理解する機会となっています。

まとめ

初心者はレベル1です。装備もなく仲間もいない中、草原に出てスライムと戦うドラクエさながらの旅をするようなものです。

独学の大変さは、情報の精査と手順を探ることにものすごい時間と労力が掛かること。

だからその手順を教えてもらうためにセミナーや講座に行ったり、レッスンに行くわけなので、提供する側は混乱させるような情報を出すのはNGです。

これは是非にも提供するレッスンに活かしたい所ですね。


関連書籍・CD・楽譜

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです