スポンサーリンク

自分の演奏の下手さに凹んだ時の対処法

基礎練習, 練習方法, 練習, 本番

ふと演奏した時に、自分の下手さにへこんでしまう事はないでしょうか。

ミャウジ
ミャウジ
あるある…。なんて下手なんだ!ってすごく落ち込むよ。
下手さに気づく時って、自分の練習に対して少し後ろめたさがあったりするんだよね。
かずねぇ
かずねぇ

どうして下手に感じるのか、原因がわかりそれを改善すると立ち直れそうですね。では以下見ていきましょう。


スポンサーリンク

下手の症状と原因

細かい音の粒がそろわない

16分音符より細かい音は連続した音で演奏することが多く、各指の独立した動きをコントロールする基礎力が落ちると粒が揃わなくなってしまいます。

弱音で音が抜ける

細かいパッセージにおいて抜ける場合は、粒ぞろいの悪さと同じような理由。比較的緩やかなパートで抜ける場合は、腕のコントロールが出来ていないため。姿勢の悪さも要因の一つ。

演奏することが日常ではなく特別なことと身体や頭が思うと、意識していなくても身体が緊張して脱力がうまくできなかったり、思うように関節や指が動かせなくなるのが原因。

左手の跳躍がはずれる

左手が担う音型の多くは、伴奏や和声などメロディーを引き立てたり響きを作る事が多く、伴奏音型の分散和音の1つであるベース音と重音を交互に演奏したり重音を跳躍する音型があります。

はずれるのは、1つは憶えていないので楽譜に気を取られてしまっている、もう1つは跳躍に必要な肩の稼働に関する基礎力が足りていない事が原因。

何故気づくのか

本番が近い

本番に向けての緊張感の中で、練習しなければという意識と、より良い演奏がしたいという欲求が高まるため。録音練習で客観的に聴いたり、また音に集中する時間も増えてくるので、本番前は耳もさえて色んなことに気づきます。

レッスンで指摘される

自分では弾けているつもりでも、レッスンで指摘されることによって気づかされることも多い。

リハでうまく弾けない

人間は同じことの繰り返しに対し鈍感になります。家では気づかなかったことも練習場所を変えてリハーサルを行った場合、多くの気づきがあります。

対処法

基礎練習を強化

細かいパッセージや音抜けに対しては、ハノンやその他の弾きにくいテクニックに特化したエチュードなどを一定時間熟すことによって、大きく改善されます。

左手に特化した基礎練の強化

楽曲ばかりの練習では左手のテクニックの強化は難しいので、基礎練習を応用して左手の基礎力を上げます。

基礎練でフォームを見直す

基礎練習は楽譜を読むという動作が殆どいらなく、同じ音型の連続を弾くので、演奏のフォームをチェックしながら練習ができます。音が抜けたり跳躍がはずれるのは姿勢を正しくすれば改善されることもしばしば。

まとめ

しっかりと積んだ基礎練習は、本番の演奏の大きな支えになります。なによりも自分自身が弾きやすいと感じるようになるでしょう。下手さにへこんだ時は基礎練習のメニューを見なおしましょう。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです

かずねぇのLINEスタンプ