努力する才能【練習を継続させるために必要な3つのこと】

2020年3月28日モチベーション・やる気,練習

今回の記事は努力する才能についてです。

音楽やスポーツなどに、しばしば「努力か」「才能か」という二元論で語ろうとする人もいますが、どちらが大切かということではなく、やり通すためには努力する才能が必要だったりします。

では、努力するために必要なことが何かというと

継続すること

なんだ、そんなことかと思ったかもしれませんが、実のところ、すごくシンプルなのに簡単ではなかったりします。

楽器の演奏は、練習方法や心の持ち方、技術の向上や音楽の勉強と細かくやるべきことはありますが、それをどのようにして継続するかを体系づけられていると努力がしやすくなります

この記事では、努力する才能を開花させるための練習の継続に必要な事についてお話していきます。

スポンサーリンク

努力する才能【練習を継続させるために必要な3つのこと】

努力する才能

【練習を継続させるために

必要な3つのこと】

努力する才能とは、いかに練習を継続させられるかの才能でもあります。

練習の継続がなぜ才能に関わっているのかと言うと、継続することがままならず途中で辞めてしまう人が殆どだからです。

という事は、辞めない方法を見つければ継続ができるということになりますよね。

ここでは、努力を継続するためのスキルを以下3つご紹介します。

  1. 練習のパターンを作る
  2. 練習をタスク化する
  3. 感情に少し蓋をする

練習のパターンを作る

練習の継続のために必要なのが、練習をある程度パターン化することです。

練習は色々考えて、創意工夫をするものなのではないか?と思われるかもしれませんが、8割くらいはパターン化した方が効率が上がります。

ただそのパターンが的外れな練習であったり、あまり効果のないものであった場合は、遠回りしてしまう場合もあるので、色々試してみて、効果的だなというパターンを見つけ出すことが大切です。

練習をタスク化する

ある程度のパターンを見つけたら、それをタスク化します。

つまり、もくもくと作業をこなすような感じです。

  • 状況にあった練習内容
  • 一定量をこなす

作業なので、一日ににどれくらいという量をこなしていきます

感情に少し蓋をする

タスクをこなすのに邪魔をするのが感情だったりします。

一定量を一定時間という事をこなすため人は

  • 気持ちがのらない
  • イヤだからやりたくない

このような感情にいったん蓋をして、もくもくと時間と量をこなすことが大事です。

まとめ

練習を継続させるには、敢えて強い動機づけをせずに淡々とある程度決まったパターンやルーティンの中で作業をこなすのがコツです。

もちろん、よーし!やるぞ!というやる気に満ちて練習できる時はその気持ちにのっとって頑張るのがいいですが、そうでない時の方がおそらく圧倒的に多いので、作業としてこなすクセづけをしておくことがポイントです。

練習を継続させるための3つの事は

  1. 練習のパターンを作る
  2. 練習をタスク化する
  3. 感情に少し蓋をする

努力する才能は、いかに淡々と継続できるかである。というお話でした。

サイト内関連記事

関連書籍・CD・楽譜

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】

オンライン学習

【オンライン人気No.1】
練習時間を確保したいけれど勉強もしなければならない時はスタサプ。少しの時間で効率よく勉強することができます。

【オンライン家庭教師】
ひとりで勉強するのが苦手な人はオンライン家庭教師。個人にカスタマイズした指導を家にいながら受けられます。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです