ピアノ上達が出来ない残念な人の3つの特徴【上達しないマインド】

ピアノ教育,練習方法,練習,上達

ピアノに限らずですが、上達する、達成するためには必要なマインドがあります。

✔ 上達には練習だよ!
✔ 適切にレッスン受けるんだよ!
✔ 本番で経験積むんだよ!

と、いくつかの具体的なアドバイスを提示しても上達しない残念なマインドを持っている人がいます。

残念マインド人は共通してこのようなことを口にします。

✔ 練習してるんですけど上達しないんです

✔ 上手く弾く方法やコツを教えてください

✔ 効率よくすぐ弾ける方法はないですか?

これを口にしたら、まず上達への道はないと考えてもよいでしょう

では、これらのワードがなぜ上達しないマインドなのかを深掘りしていきます。

スポンサーリンク

ピアノ上達が出来ない残念な人の3つの特徴【上達しないマインド】

ピアノ上達が出来ない

残念な人の3つの特徴

【上達しないマインド】

まず、上達する人の特徴をサクッとあげておきます。

  • めっちゃ練習している
  • 意見を取り入れながら自分で練習方法を探っている
  • 努力を努力とは思ってなく日々積み上げている

アドバイスを適切に受けて自助努力をして、出来るまでやっているという感じですね。

では上達しないマインドを3つ掘り下げていきます。

練習しているけど上達しない

「練習しているけど上達しません。」

と言う人は量が全く足りていません。そして次に

「じゃぁ、どれくらい練習したらいいですか?」

と聞いてきます。これを聞いてくる時点ですでに上達からは程遠い、アウトな所にいます。

まずは、自分が沢山やったと思える量を一度練習してみる

これしかありません。

楽器は弾けるようになるまでのコスパはかなり悪いです。

上手く弾く方法やコツを教えてください

考える事が出来ない人や、あるいは考えるのがめんどくさい人は、すぐにこのように聞いてきます。

  1. 自分で出来ない所を探す
  2. 理由を考えて練習方法を探る
  3. 検証する

というサイクルを自分ですれば、ある程度の上手く弾くコツのようなものはつかめてきます。

その上でのアドバイスは意義もあります。

しかし自分自身での積み上げが無い状態で方法やコツを聞いても、何の役にも立たないうえに、聞いたところで理解し実行することは難しいでしょう。

効率よくすぐに弾ける方法はないですか?

…ないです。

ブレイクスルーするまでは、とにかく量が必要です。弾けるようになった時点ではじめてそのコツや効率を自分自身で自然に得ている感じです。

こちらの記事に詳しく書いていますので合わせてどうぞ。

まとめ

上達しない人には

  1. 練習量が全然足りない
  2. 上達方法やコツを聞いてくる
  3. すぐに弾けようとする

このような残念な特徴があります。まずはマインドを変えなければ上達はのぞめません。

上達するためには

  1. 人より練習する
  2. 自分で出来ない理由を探し仮説立てて練習の検証をする
  3. 練習は年単位だと腹をくくる

このようなマインドを持つことが大切です。


関連書籍・楽譜・CD

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです