スポンサーリンク

演奏に人となりって現れるの?【演奏から分かる性質と傾向】

2020年3月11日演奏

今回の記事も頂いたご質問にお答えしていきます。

演奏には「人となり」ってどんなところに現れるのですか?

というご質問を頂きました。

と言うわけで、演奏から読み取れる演奏者の性質や人となりなどの傾向をお話していきます。これは受け取る側も様々で人によって色んな人となりを感じるので、一意見としてお読み頂けると幸いです。

演奏から読み取れる情報はかなり多くありますが、今回は以下の5つの情報について深掘りします。

  1. 焦るタイプか
  2. 熱いかクールか
  3. 稚拙か老巧か
  4. 俯瞰力があるか
  5. アンサンブルの経験値

スポンサーリンク

演奏に人となりって現れるの?【演奏から分かる性質と傾向】

演奏に人となりって現れるの?

【演奏から分かる性質と傾向】

演奏は表現であるため、音から様々な情報が発信されています。

上手か下手かという事ではなく、どんな弾け具合であったとしても、音の出し方やフレーズの取り方、テンポ感や拍感、音色やバランスなどによって、かなり多くの情報が聴いて取れます。

ミャウジ
ミャウジ
そうなんだ!なんか、色んなことがバレてるって、ちょっと恥ずかしいなぁ。
万人が読み取れるわけではないよ。これらが分かるというのは、心理カウンセラーや医者がパッと見たり問診で色んな情報を読み取るのに似ているよ。
かずねぇ
かずねぇ

音楽を演奏することによって、性格診断が出来るのは面白いですね。

ではどういった情報が伝わっているのでしょうか。以下、二元的に書いていますがどちらかの傾向が強い、また一部的にその傾向がある程度の認識でとらえてください。では見ていきましょう。

焦るタイプかのんびりマイペースタイプか

焦るタイプかのんびりマイマイペースかは、拍の取り方や音の間、切り方の他、演奏の諸動作にもあらわれています。

  • 焦るタイプ…演奏は拍が加速する傾向があります
  • のんびりタイプ…アジタートやプレストの表現がひかえめな傾向があります

情動的か理性的か

様々な楽曲中に指示のある標語の表現に現れます。

  • 情動的な演奏はクレッシェンド系の標語に積極性を感じる傾向があります
  • 理性的な演奏は音楽の捉え方がシンフォニックな傾向があります

稚拙か老巧か

ここからは聴き分けの難易度が上がっていきます。ものすごくテクニックがあって一聴すごい演奏をしている風に聴こえる演奏にも、この差はあります。

稚拙さは特に音の処理に現れます。現れるポイントは以下です。

  • フレーズの終わり
  • 音の行間
  • タッチ

老巧な場合は良いなと感じますが、稚拙な場合は不快感を感じる場合があります。

俯瞰力があるか

聴衆の存在を意識して演奏しているかどうか。倍音の残り方とフレーズの長さなどで伝わってきます。

  • 俯瞰力のある演奏は聴衆の反応を意識しながら演奏しています。演奏に四則演算があります。
  • 俯瞰力がない演奏は自分自身が演奏することのみに集中しています。そして足し算のみの演奏に聴こえます。

俯瞰力がある演奏は全体像が見えていて、バランスが取れている印象があります。

室内楽やオケとの共演の経験値

他の楽器の音色や奏法を知っているか否かがポイントで、音色、出るとこ引っ込むところ、立体感などに現れます。

  • 経験値がないまたは少ない…音色が少なく平坦な演奏になりがち
  • 経験値が高い…音色の幅が広く音楽を立体的に捉えた演奏に聴こえる

室内楽やオケとの共演経験が多い演奏は、上記の俯瞰力のある演奏と同じようにバランスが良いです。 

人となりを聴きとれるポイント

上記のことから、人となりを聴きとれるポイントをまとめると以下のようなところです。

  • 音色
  • フレージング
  • タッチ
  • バランス

と言った、音楽表現全般にわたる所から聴きとれるので、聴きとれる側からすると演奏である程度の人となりを感じ取ることは可能です。

演奏で部屋のキレイきたないが分かる?

時々、演奏を聴いただけで「部屋の状態が分かる」という人もいますが、これはちょっと聞き分けるのは難しいと思います。

しかしレッスンにおいては多少見極めることができます。

  • 課題のこなし方
  • 持ってくる楽譜やレッスン代の袋の状態
  • レッスンの受け方や態度

こういった演奏以外の部分での人となりの見極めは部屋の状況や生活と言った日常てきな背景を測り知ることは可能と言えます。

【PR】オンライン学習人気と実績No.1はスタサプ。スタサプなら練習時間を十分にとる事ができます。少しの時間で質の高い学習が可能に。オンラインで知りたいことを知りたい時に。

まとめ

演奏に現れるひととなりを

  1. 焦るタイプか
  2. 熱いかクールか
  3. 稚拙か老巧か
  4. 俯瞰力があるか
  5. アンサンブルの経験値

これら5つについてお話しました。4と5は人となりと言うよりは能力の有無を聴きとれるという感じです。

このサイトや管理人への質問はTwitterのコメント欄、またはDMにて承っています。

演奏から感じ取れることの関連記事

オンライン学習

ひとりで勉強するのが苦手…でも塾に行くのは…と迷ったら、オンライン家庭教師。自分に合った指導を自分のペースで自宅で受けられます。

関連書籍・CD・楽譜

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです