【マジ勘弁!】音楽家が困惑するやめて欲しい仕事依頼の仕方5選

ピアノ弾きのつぶやき,つぶやき

基本的にどこかに所属して給料をもらって働くオケマンや学校の先生以外の音楽家は、いわゆるフリーランスと言われる働き方をします。

音楽事務所に所属してマネジメントを受けられる人もいますが、ほぼ自分自身で仕事のオファーを受けます。

そんな中で、それは果たしてオファーなのか何なのか…。と悩ますような依頼を受ける事が時々あります。

音楽家の皆さんは1度は経験した事があることかもしれません。

今回の記事では、

そういう仕事のオファーはやめて!

という音楽家が困るオファーについて解説していきます。

スポンサーリンク

【マジ勘弁!】音楽家が困惑するやめて欲しい仕事依頼の仕方5選

【マジ勘弁!】

音楽家が困惑する

やめて欲しい仕事依頼の仕方5選

仕事の依頼は一般的には

  • 日程
  • 内容
  • ギャラ

この3つの呈示があるものです。

事務所や会社などでは、ビジネスとしてまず最低限のことなので、呈示があって初めて交渉ができることです。

しかし個人的なやり取りをしなければならない音楽家やその他のフリーランサーに対しての仕事の発注が、友達にお願い事をするような言い方する人がいます。

それを受けたら最後、時間と労力を搾取されボロ雑巾のような気持ちになります。

困るオファーは以下の5つです

  1. 〇日って空いてる?と聞いてくる
  2. ギャラの呈示がない
  3. 時給換算したら最低賃金を下回る所かほぼタダ
  4. 拘束時間や日程が曖昧
  5. 準備が進んだ段階でキャンセル

ではこれらを深掘りしていきます。

○日って空いてる?と聞いてくる

遊びに誘うかのように、まず日程が空いてるかどうかだけを聞いてきます。

スケジュールが入っていないとしても、他の仕事の準備など全く真っ白というわけではありませんし、依頼の内容如何によっては予定を調整することもあります。

おそらく仕事だろうな…

と思って空いてると言ってしまったがゆえに、タダ働きさせられる。という事はしばしば起こります。

このように聞いてくる人には

「ご依頼内容によります。詳細を伺ってからこちらのスケジュールをお応えさせていただきます」

と、答えて情報を引き出さなければならないので、手数が増えて厄介です。

ギャラの呈示がない

結構多い事例ですね。

日程と内容とこれまでの全例で、だいたいこれくらいかな?と思って受けた仕事が、いざ支払われるギャラがめっちゃ少ない!という事はしばしばあります。

経験と共に先にギャラの呈示をお願いすることが出来ますが、微妙な距離感の知り合いだと「ギャラ下さい」とも直接的に言いにくい。

また若い音楽家はなかなか言い出せず結構苦しい思いをすることが多いです。

裏を返せば、先にギャラ呈示があるところはちゃんとしていると言えます。

時給換算したら最低賃金を下回る

オケトラは特にピアノは比重がかなりあるにもかかわらず、キツいギャラで弾かなければならない事もあります。

教室の発表会の伴奏などはピンキリですが、練習時間と拘束時間を考えるとコンビニのバイトを下回るギャラ呈示をしてくるところもあります。

というか多いですよね…この酷い扱い。

ギャラ交渉の余地がない場合は、

発注者はその値段で弾いてくれる人をさがしているので、やりがいの搾取で心が動かない場合はやらないという選択

をするほかありません。

拘束時間や日程が曖昧

本番の日程だけ抑えられ、練習日などが曖昧な場合、練習が出来てないから追加で!というような事をもとめられることがあります。

フリーランスの演奏家は隙間があれば他の本番を入れていたり、他の本番の練習をしなければなりません。

一か所の仕事に振り回される事はかなりダメージが大きいので困りますね。

準備が進んだ段階でのキャンセル

これはレアケースですが、キャンセルになったとしても拘束されていた日程のギャラを支払ってくれるところもあれば、まったくない場合もあります。

ギャラ保障がない場合、他の仕事を入れることが出来ていたかもと言う状況ならかなりのダメージを受けたように感じます。

何故困るのか

日程、内容、ギャラの呈示がない場合、時間と能力を搾取される危険性が高く、実際に搾取されて終わることも多いので困るのですね。

仕事の依頼が来た時点で上記5つに当てはまる場合は、いわゆるテイカーと呼ばれる人たちなので、対処が必要です。

たった90分ほど演奏して、何万円も払うのはどんだけの時給なのか!

と思っている人もいます。

しかし、その90分を難なく演奏することが出来るようにするためにかかる準備やそれまでの経験値というものに価値を見出せないからそのような考えになるわけです。

テイカーについてはこちらの記事をどうぞ

音楽家はどうしたらよいのか

ギャラ交渉に慣れていない音楽家が殆どなので、発注側からそういった気遣いがあった場合は、神のように感じますよね。

知り合いや友人仲間の間で行われる仕事も多いため、ギャラをちゃんと払ってくれる人は信用できます。

でも、ごはんおごるとかで終わる人もいるので、その辺の心のバランスも難しい所です。

  1. ギャラ交渉をする
  2. 言わずに耐える
  3. やらない

この3択をどうするかは難しいところですが、自分自身がどうしたいのか、に従って行動するしかありません。

まとめ

音楽家が困る仕事依頼の仕方5つ

  1. 〇日って空いてる?と聞いてくる
  2. ギャラの呈示がない
  3. 時給換算したら最低賃金を下回る所かほぼタダ
  4. 拘束時間や日程が曖昧
  5. 準備が進んだ段階でキャンセル

をご紹介しました。

サイト内関連記事

音楽家も実践するマインドフルネス

演奏に必要な集中力はマインドフルネスによって高めることがができます。

不安は過去や未来にフォーカスするから。今に集中するマインドフルネスで緊張しない自分になろう。

オンラインセミナーもあります

オンライン学習

学校や塾の勉強で分からない所は動画でサクッと検索。業界人気No.1のスタサプ♪

【スタサプ小中学生講座】

【スタサプ大学受験講座】

オンライン家庭教師

一人で勉強するのが苦手な人はオンライン家庭教師がおすすめ!

自分に合ったペースでしっかり指導してもらえます。まずは無料体験から!

関連書籍・楽譜・CD

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです