スポンサーリンク

演奏者が感じる3つの困ったコンサートの聴かれ方

ピアノ弾きのつぶやき, つぶやき

コンサートの聴き方は、それぞれに楽しみ方があり、どのような聴き方をしてもどのような感想をもってもどのような事を批評して発信しても自由です。しかし演奏者の立場の人は、ちょっと困るなと感じるお客さまに出会うこともあるのではないでしょうか。

ミャウジ
ミャウジ
ぼくも色々感じる事を内輪で感想言いあったりするのは楽しいな。でも、会場とかで批評しているのが聞こえてくると、内容によっては黙ってて欲しいなって思う事もあるね。
どんな感想を持っても、どんな聴き方でも、それはその人の感性なのだから自由だよ。でも、時々そういう聴き方されるとなぁ…と思うことが奏者側からはある事は確かだね。
かずねぇ
かずねぇ

 


色々な聴く楽しみ方があるので否定はしませんが、あくまでも奏者側の一意見として困ると思う聴かれ方です。では以下を見ていきましょう。


スポンサーリンク

ミスや間違い探し

コンクール審査や試験官気取りで、ミスや間違いを見つけては喜んでいるお客さまが時々います。

もちろんミスが多すぎるのは聴いていて気になることでしょう。しかしコンサートはコンクールや試験ではありません。演奏者は1つの舞台として音楽をお客様に楽しんで頂くことを考えて演奏しています。ライブ演奏というのは様々にアクシデントもあり、その時々の状況によっては小さなミスや間違いは起こってしまいます。

コンサートの長さを考慮すると、その時間内をノーミスで演奏することはほぼ不可能です。素晴らしい演奏家はミスをミスとは聴こえないように演奏していますが、時にはやらかしてしまうこともあります。

演奏のあら捜し

ミスや間違い探しはせずとも、演奏者の演奏の良くない所や気に入らない所を探しているお客さまも時々います。様々な感想を持つことは自由で、もちろん辛辣なコメントの中には活かすことが出来るようなありがたいものもあります。

しかしあまりにも独善的な批判が過ぎるものは奏者を傷つけいるだけに過ぎず、大変残念に感じます。

批評家気取りのコメント

時に、奏者よりも多くの演奏を聴いて多くの知識をお持ちの研究者のようなお客様もいます。大変興味深いコメントであったり感想を頂くことは、演奏のモチベーションになりますが、あまり知識もなく演奏や楽器の事を良くわかっていないのに、まるで批評家になったかのように演奏に対して評論している方をみると、なんとも妙な心地になることは確かです。

演奏者が考える演奏会とは

  • コンサートの時間内を音楽とその他の空間も含めてお客さまに楽しんで頂く
  • 作曲家の作品を知って頂き、その音楽を奏でる時間を奏者とお客様で共有する
  • 奏者がメインの場合は、奏者のキャラクターとその演奏を聴いて頂く

様々な公演があるなかで、時に自分が演奏することが精いっぱいで、演奏会を発表会のようにしか捉えられない拙い奏者も中にはいますが、プロとして自負する演奏家は、演奏会はお客様ありきというスタンスで、音楽や会場の雰囲気、またコンサートの企画などをトータルで一つの舞台であると考えています。

まとめ

企画、楽曲についての勉強、演奏、MC、お客様対応など、演奏会においては演奏する以外の事も多くあり、ます。商業ベースに乗り、巨大なマネージメントやスポンサーがつかない限り、「演奏者は演奏だけ」という状況にはまずなりません。

ミスも同やり過ごすのかがライブでの見ものであったりするので、そこも合わせて楽しむという聴き方もあります。ただ演奏に対してミスや間違い探しをし、独善的に批判されることは、直接耳に入ることは演奏者にとっては傷つく以外のなにものでもありません。

しかし…時に「金返せ」と言いたくなるようなコンサートもある事は否めません。それは辛辣なコメントに値するものかもしれません。

どんな聴き方をするのも感じる事もそれはお客さまのものですが、一緒に楽しむというスタンスで聴いていただけて、それにお応えしたいというのが多くの演奏者の願いでしょう。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです