【ピアニストが3分解説】やる気がおきない・しっくりこない時の練習回復方法10選

2020年7月12日モチベーション・やる気,練習

練習しなければならない状況なのに、なんかしっくりこないしやる気がおきない時にどうやって練習したらよいですか?というご質問にお答えしていきます。

今回はこんな人に向けてのお話です。

  • 練習してるけどなんかしっくりこない
  • 今一つ集中力に欠けてしまっている
  • やる気がおきない

ありますよね、こういう時って。

練習に復活する方法を10選

  1. モチベーションに頼らない練習メニューを作る
  2. 回数や時間に区切って作業化する
  3. お茶を飲む
  4. 演奏を聴く
  5. 外に歩きに行く
  6. 軽く運動する
  7. 声を出す
  8. 文字を読まない
  9. 言語を封印する
  10. 15分程度仮眠をとる

あくまでも個人的な回復方法です。

違う方法で気持ちを切りかえて練習する人もいますので、一音楽家の一意見のエンタメとしてお楽しみください。

では解説していきます。

スポンサーリンク

【ピアニストが3分解説】やる気がおきない・しっくりこない時の練習回復方法10選

【ピアニストが3分解説】

やる気がおきない・

しっくりこない時の

練習回復方法10選

練習を始めてから集中するまでに30分くらいかかります。

そこから集中できていけば問題ないですが、なかなか集中できないときもあります。

アタマが違う事に気を取られると、脳ミソが集中できない状態になってしまっています。

そんな時は自分の状態をすこし客観的にみて、また集中できるような方法を持っておくとよいですね。

では以下の10選

  1. モチベーションに頼らない練習メニューを作る
  2. 回数や時間に区切って作業化する
  3. お茶を飲む
  4. 演奏を聴く
  5. 外に歩きに行く
  6. 軽く運動する
  7. 声を出す
  8. 文字を読まない
  9. 言語を封印する
  10. 15分程度仮眠をとる

サーっと解説していきましょう。

モチベーションに頼らない練習メニューを作る

イイ感じに練習できないときもあるという前提で、そうなった時にこなせるメニューを作っておくと、取り敢えずは練習できます。

回数や時間に区切って作業化する

1の補足なのですが、乗らない時の練習メニューのうち一番効果的なのが数字で区切って練習することです。

回数や時間をこなしていくうちに、集中力が戻ってくる場合もあるし、もし戻ってこなかったとしても練習の積み重ねが残るので、翌日に弾いた時に何か良い変化を感じる事ができます。

お茶を飲む

あったかいお茶が良いです。

個人的に気に入ってるのはほうじ茶や番茶です。

ピラジンという成分が脳をリラックスさせ血行促進します。

個人的には一保堂のお茶ほうじ茶と京番茶がお気に入りです。

演奏を聴く

自分の音や演奏にだんだん脳が飽きてくる時があります。

そうすると音楽も演奏もだんだんとしょぼくなってイマイチしっくりこないので、そんな時には好きなピアニストの演奏を聴いたり、音色のイマジネーションを得るためにオケや室内楽の音を聴くようにしています。

外に歩きに行く

歩くのは最強です。

結構も良くなるし、ごちゃごちゃした脳ミソの中がだんだんと整っていきます。

軽く運動する

ガチの運動だと疲れ果ててしまうので、軽く体を動かすようにします。

簡単なのは「高速足踏み」です。

サーキットトレーニングの一つですが、器具もいらないし場所も取らなくて5分くらいで結構ストレス発散になります。

声を出す

歌が好きな人は、ガチで歌うとかいいですね。

声を出すことで脳はすごく活性化されます。

文字を読まない

ついやりがちなのですが、練習に入る前にウェブサイトやSNSを見すぎて、余計な情報が練習中にフラッシュバックをするので、集中できない大きな原因だったりします。

言語を封印する

個人差はあると思うのですが、文字や言語は演奏にものすごく邪魔だなと感じることが多いです。

15分程度仮眠をとる

脳が疲れすぎている場合は、少し仮眠をとります。

眠くなくても、目をつぶって15分のタイマーをかけて横になる。

これだけでもかなりリフレッシュされます。

まとめ

練習のやる気が起きなかったり、集中力なくてしっくりこなかったりする時に練習に回復させる方法を10選ご紹介しました。

取り入れられそうなものはありましたか?

なにかお役に立つものがありますように!

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTubeチャンネル

サイト内関連記事

おすすめ書籍

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【オンラインセミナー】

[A8-yaruki-MB]

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」
にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ