【効果抜群】相手の立場を理解すると自分が生きやすくなる

2020年5月22日人間関係

人との距離感は本当に難しいですよね。上手くいかずに悩んでいる人も多いはずです。

今回は対人関係をイイ感じにこなせる精神的に成熟した人に共通している上手な人との接し方のお話です。

彼らにはこんな特徴があります。

  1. 他者目線
  2. 期待しすぎない
  3. 好意は率直に伝える
  4. 適度な距離感を保っている
  5. 否定やマウントをしない

対人関係に悩む人はこのマインドセットを取り入れるとだいぶ改善されると思います。

ではこれらを解説していきます。

スポンサーリンク

【効果抜群】相手の立場を理解すると自分が生きやすくなる

【効果抜群】

相手の立場を理解すると

自分が生きやすくなる

生きにくさや人間関係で悩むときは、このような問いかけをしてみてください。

  • 相手の悪い所に目がいっていないか
  • 自分の要求ばかりをしていないか
  • 相手から奪ってばかりいないか
  • 相手に与えすぎてはいないか
  • 情動的に行動してはいないか

どれかに当てはまっていたら精神的に幼さがある事が考えられます。

対人関係をイイ感じにする大人な人間関係を築く5つのこと

  1. 他者目線
  2. 期待しすぎない
  3. 好意は率直に伝える
  4. 適度な距離感を保っている
  5. 否定やマウントをしない

これらをさらに深掘りしていきましょう。

他者目線

相手の立場を考えられるようになると無駄な手間を取らせることが少なくなります。

親密な関係においては無駄な手間を慈しむ人もいますが、多くの対人関係において、またビジネス的にはNGであることは理解しておいた方がよいです。

期待しすぎない

相手は別個体なので自分の思い通りには動きません。

期待はただのエゴなので、イイ感じに期待に応えてもらったらそれはラッキーで贈り物であるというスタンスがよいです。

好意は率直に伝える

めんどくさい伝え方は相手に認知負荷がかかるので、良いものは良いとシンプルに伝えることが大事。

シンプルに伝えた方が過不足なく好意が伝わります。

適度な距離感を保っている

人によって触れて欲しくない事やタブーな話題があるので、地雷回避のためにも距離感は大事です。

否定やマウントをしない

相手を否定したりマウントしてしまうと、心を閉ざされてしまってそれ以上の関係性の発展が望めなくなってしまいます。

自分にとって有益な情報を得たり新しい機会も失ってしまいます。

まとめ

大人な対人関係を築く5つのこと

  1. 他者目線
  2. 期待しすぎない
  3. 好意は率直に伝える
  4. 適度な距離感を保っている
  5. 否定やマウントをしない

これらについてお話しました。

人との関係で生きにくさを感じていたら、それはちょっと自分がコドモなところがあるから。

大人な関係を築くステップを取り入れてよい関係を築けますように。

サイト内関連記事

おすすめ書籍

緊張・不安をコントロールするマインドフルネス

音楽家の多くが実践するマインドフルネス。

今に集中することで緊張や不安をコントロールできるようになります。

【オンラインセミナー】

【おすすめ書籍】

楽譜・関連書籍

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】