【体幹が大事】練習でムキになって弾けない!ってなった時の原因と改善方法

練習方法,練習

練習している時、弾けないパッセージを繰り返しているうちにムキになってしまったりしませんか?

そして練習しているのに段々弾きにくくなっていったり弾けなくなってしまったり…

そんな時に起こっていることと改善方法をご紹介します。

  1. 姿勢が悪くなっている
    1. 頭が鍵盤に近づきすぎ
    2. 猫背
    3. 腹筋と背筋で上半身を支えられていない
    4. 踏ん張れていない
  2. 呼吸が浅くなってる・止まってる
  3. 音が聴けていない

では解説していきます。

スポンサーリンク

【体幹が大事】練習でムキになって弾けない!ってなった時の原因と改善方法

【体幹が大事】練習でムキになって弾けない!ってなった時の原因と改善方法

練習で弾けない所を繰り返し弾いているうちに起こる事は

  1. 速くなる
  2. 指が動かなくなる

ムキになってしまうと起こることです。

ではムキになって弾けなくなる原因と改善方法をさらに深掘りしていきましょう。

  1. 姿勢が悪くなっている
    1. 頭が鍵盤に近づきすぎ
    2. 猫背
    3. 腹筋と背筋で上半身を支えられていない
    4. 踏ん張れていない
  2. 呼吸が浅くなってる・止まってる
  3. 音が聴けていない

姿勢が悪くなっている

ムキになると身体の重心が上にあがってきて姿勢が悪くなってしまっている事が多いです。

こんな状態になっていませんか?

頭が鍵盤に近づきすぎ

頭が鍵盤に近づいているばあいは、一旦顔をあげて視界に88鍵入る位置に頭をもって行きましょう。

猫背

ピアノを弾く時は、解剖学的なデフォルトの腕の位置をねじっている状態。

猫背になりやすい腕の位置なので、意識的に肩甲骨を寄せたり胸をはるようにして姿勢を正してみましょう。

腹筋と背筋で上半身を支えられていない

上の2つの状態を誘発する原因でもあります。

ヒップをギュッとしてお腹をグッとへこますことで腹筋と背筋を意識することが出来ます。

上体が安定すると弾きやすくなります。

踏ん張れていない

さらに腹筋と背筋を支えるために脚で踏ん張ってみるとよいです。

かなり上体が安定します。

大きな筋肉に力を入れることで腕の無駄な力が取れるので是非試してみて下さい。

呼吸が浅くなってる・止まってる

こまかくパッセージを練習すると、呼吸がどうしても浅くなります。

フレーズに合わせて呼吸をするようにしてみましょう。

音が聴けていない

指を動かすことにフォーカスしてしまい音が聴けなくなっていませんか。

テンポを少し落として全部の音が認識できてるなという状態になるまでゆっくりで練習してみましょう。

 

改善のためのポイントまとめ

ムキになった時はこの5つを気を付けてみて下さい

  1. 視界が88鍵入る所に頭をもっていく
  2. 肩甲骨寄せて猫背解消
  3. ヒップとおなかをグッとひっこめる
  4. フレーズに合わせて呼吸
  5. テンポを落として音が全部聞けるまで

体幹をどっしりさせてフレーズに合わせて呼吸することで、難しいパッセージは意外とスルっと弾けたりします。

是非お試しください。

ゲーム感覚で基礎力UP!かずねぇの基礎練習note

かずねぇの基礎練習を公開しました。

退屈しがちな基礎練習をゲーム感覚で出来るバリエーションを紹介しています。

動画など順次加筆予定です。

配信コンサートの教科書

配信コンサートの教科書です。ノウハウや撮影のヒントなど実例をもとに解説しています。

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTube

記事の信憑性のためにこちらに演奏動画上げています。チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪

Video On-demand Concert Series

コンサート運営事務所の方で世界各地で活躍する演奏家とのコラボ配信コンサートシリーズを行っています。

オンデマンド収録配信公演を作っています。普段のSNSに投稿する気軽な動画とは違った「公演」というコンセプトの一つの作品としてご覧頂けるコンテンツです。

動画添削レッスン

現在レッスンはオンラインで習っている先生とは別にセカンドオピニオンを聞きたい方にご利用いただいています。

  • zoomレッスン…あらかじめお送り頂いた動画をもとにレッスン
  • 動画添削レッスン…安心のアフターチェック付き。

Contact フォームよりお問合せ下さい


サイト内関連記事

おすすめ書籍&グッズ

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」
にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

練習方法,練習

Posted by kazuoney