【プロ音楽家が実践する】演奏レベルとクオリティを保つための秘訣

ピアノ弾きのつぶやき,つぶやき

プロ音楽家が演奏のレベルやクオリティをどうやって保っているのか、気になっている人もいるでしょう。

  • プロの音楽家も練習って沢山するの?
  • どうやってレベルを保っているの?

今回の記事では、このような疑問にお答えします。

演奏をし続けるためには、プロ音楽家も練習や勉強は欠かせません。

では、どのようにしてレベルとクオリティを保っているのかを解説していきます。

スポンサーリンク

【プロ音楽家が実践する】演奏レベルとクオリティを保つための秘訣

【プロ音楽家が実践する】

演奏レベルとクオリティを

保つための秘訣

演奏をするためには、プロでもアマでも練習をしないというわけにはいきません。

プロだからと言って甘んじていれば、演奏のレベルも質も残念ながらすぐに下がってしまいます。

レベルや質を保つための大きなポイントは3つです。

  1. 優秀な音楽家と常に接する
  2. アウトプット(演奏)を常にする
  3. 常に向上する

「常に」がポイントです。

ではこれらを深掘りしていきます。

優秀な音楽家と常に接する

自分の価値やレベルは周りにいる人間で大きく変わってきます。

また仮にまだ自分がそこまでのレベルでないにしても、高いレベルで上質な演奏をしたいのなら、優秀な音楽家と接すことが出来るレベルまで向上する努力をしなければいけません

そうすると必然的に練習することになります。

また優秀な音楽家と接することは上質な音楽をいつも身近に感じる事が出来ます。

自分自身の演奏のクオリティを保つためにはとても大切です。

アウトプット(演奏)を常にする

人はインプットしたことを、アウトプットすることによって始めて自分の身に付きます。

それと演奏することには様々な非日常があります。

非日常だと対応できないので日常化しておく必要があります。

簡単に言うと…演奏することをご飯をたべるくらいのあたりまえさにしておく、という感じです。

常に向上する

ある程度演奏が出来るのなら、現状維持でいいのではないかと思うかもしれません。

しかし現状維持のマインドでは、残念ながらレベルも質もガタおちするのです。

常にランニングマシンの上で走っているようなもので、止まると落ちてしまうのです。

毎年のように若くて実力のある音楽家がどんどん出てきます。

現状維持というマインドは衰退することを意味します。

現状維持をしているように見える音楽家は常に向上をしていて、目に見えて向上している音楽家は常に鬼向上していると言えます。

まとめ

音楽家が演奏のレベルと質を保つための秘訣を以下3つご紹介しました。

  1. 優秀な音楽家と常に接する
  2. アウトプット(演奏)を常にする
  3. 常に向上する

音楽家も実践するマインドフルネス

マインドフルネスは今に集中するということにフォーカスすることで、不安をなくし最大のパフォーマンスを生み出すゾーンへ導く手助けとなるものです。僧侶の禅に似たものかな。

オンライン講座もありますので興味があったらどうぞ

サイト内関連記事

関連書籍・CD・楽譜

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】

オンライン学習

学校の勉強で分からないところは動画で勉強しよう!人気実力No.1のスタサプは知りたい所をパッと動画検索。

【スタサプ小中学生講座】

【スタサプ受験講座】

オンライン家庭教師

一人で勉強するのは苦手…。そんな人はオンライン家庭教師。自分のペースに合わせて個別にしどうしてもらえます。

こんな人におすすめ

  • 自分だけで勉強するのは不安
  • 先生に教わりたい
  • 自分に合わせた指導を受けたい


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです