【2021年11月最新情報】YouTubeの低評価数が非表示になった!

youtube,ブログ・コンテンツ作成

コンテンツを発信している人にとって心をむしばまれる「Youtubeの低評価ボタン」

これが11月23日に確認した画面で数字が非表示に変わっていました。

11月11日に発表され段階的に非表示になっていったようです。

非表示にアップデートする調査の段階では小規模チャンネルや動画に対する影響が大きかったと解説されていました。

スポンサーリンク

【2021年11月最新情報】YouTubeの低評価数が非表示になった!

【2021年11月最新情報】YouTubeの低評価数が非表示になった!

11/11のYouTube公式ブログによると

(前略)今年に入ってからは、低評価ボタンに関する実験を行い、クリエイターの方々を嫌がらせから守る効果が高まるかどうか、動画の低評価の数を意図的に押し上げる「低評価荒らし」を減らせるかどうかを確認してきました。

(中略)テストデータは低評価荒らし行為が減少することを示しました。(中略)今回の実験により、こうした荒らし行為は小規模チャンネルの方がより高い割合で発生することも確認できました。

YouTube公式ブログ

小規模チャンネルの明らかにあまり見られていない動画に対してつく低評価は「いやがらせ」目的であることが殆どのようです。

その理由は

  • コンテンツが完ぺきではない(誰目線かと言う話ですが)
  • コンテンツが気に入らない
  • クリエーターが気に入らない

Youtubeの低評価ボタンに関する記事は当サイトでもアクセスの多い記事です。

Youtube上には頑張って造っているコンテンツであふれていますが、中には確かに低評価を押したくなるような劣悪なものが存在しているのも事実です。

またメガチャンネルの運営者の中には低評価ボタンを自身のコンテンツの指標にしてその後の創作活動に活かしている人もいるようです。

しかし、今回のテスト調査でこの低評価ボタンは小規模チャンネルにおいて非表示にすることで嫌がらせ目的に押されることが減るという顕著な結果から、このアップデートはとてもありがたい事だと思います。

気にならないようにはなってきたけどやっぱり不快は不快。

ただ、低評価を非表示にすることでコメント欄があれるのではと危惧する声もあるようです。

誰が推したか分からない低評価ボタンもさながら、コメント欄で言葉として攻撃してこられるのは嫌だな…と思います。

コメントする時にはいざアンチコメントがついた場合に開示請求ができるよう身元が分かるアカウントのみなどの改善もして欲しいなと思います。

おすすめ書籍

サイト内人気関連記事

Twitter人気記事

ゲーム感覚で基礎力UP!かずねぇの基礎練習note

こちらのnoteではゲーム感覚で基礎力UPできる基礎練習の様々なメニューと練習方法や取り入れ方、カスタマイズ方法などを動画付きで詳しく解説しています。

一部無料の記事と基礎練習の取り入れ方の動画(約8分)を公開しています。

無料でご紹介の練習を取り入れるだけでもかなり基礎練習のボリュームアップになりますので、よかったらこちらの記事と動画をご覧ください。

配信コンサートの教科書

配信コンサートの教科書です。ノウハウや撮影のヒントなど実例をもとに解説しています。

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTube

演奏動画上げています。チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪

Video On-demand Concert Series

コンサート運営事務所の方で世界各地で活躍する演奏家とのコラボ配信コンサートシリーズを行っています。

オンデマンド収録配信公演を作っています。普段のSNSに投稿する気軽な動画とは違った「公演」というコンセプトの一つの作品としてご覧頂けるコンテンツ

【リメイク版 前奏曲全曲+リレー3作品】

【公演版 演奏+インタビュー動画付き】

動画添削レッスン

習っている先生とは別にセカンドオピニオンを聞きたい方にご利用いただいています。

  • zoomレッスン…あらかじめお送り頂いた動画をもとにレッスン
  • 動画添削レッスン…安心のアフターチェック付き。

Contact フォームよりお問合せ下さい


サイト内おすすめ記事

おすすめ書籍&グッズ

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」
にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ