【冬のピアノ演奏対策】手が冷たい状態でピアノを弾くとどうなる?

ピアノ弾きのつぶやき,つぶやき

今回はこのような質問頂きました。

手が冷たい状態でピアノを弾くとどうなりますか?

これにお応えしていきます。

冬の季節によくある状況ですね。

結論から言うと、手が冷たい状態で演奏するとこんなことになります。

  1. ミスの量が増える
  2. 上手くコントロールできない
  3. 痛めてしまうリスクがある

演奏する上で手が冷えた状態にはメリットはありません。

では解説していきましょう。

スポンサーリンク

【冬のピアノ演奏対策】手が冷たい状態でピアノを弾くとどうなる?

【冬のピアノ演奏対策】手が冷たい状態でピアノを弾くとどうなる?

寒い時期になると演奏する場所や状況によっては、手が悴(かじか)んでしまう事があります。

ピアノに限らず、楽器演奏には手が冷たい状態はあまり良いパフォーマンスができない事が多くて、以下のようなことが起こってしまいます。

  1. ミスの量が増える
  2. 上手くコントロールできない
  3. 痛めてしまうリスクがある

では深掘りしていきましょう。

ミスの量が増える

手が冷たい状態だと、思うように手が動かせないのでどうしてもミスが増えてしまいます。

上手くコントロールできない

寒さで手が冷たい状態は、手だけではなく身体が冷えている場合も少なくありません。

身体が冷えると、身体全体が硬直してしまうので、しなやかな動きができなくなるため、音のコントロールも上手くできなくなってしまいます。

痛めてしまうリスクがある

身体や手が冷たくコントロールが効かない状態で打鍵すると、しなやかさがないため上手く力が抜けず、指の小さい関節に力がかかってしまいます。

掛かった力をうまく抜くことが出来ないと、関節や筋肉などを傷めてしまう原因になってしまいます。

手が冷たくなってしまった時の対策

冷たい状態で弾かないように、このような注意を心掛けでください。

  1. 部屋をあったかくする
  2. 鍵盤を暖める
  3. エアコンが辛い場合は足元や椅子に電気マットなどを敷く
  4. 手を暖める
  5. カイロで首や背中を中心に身体を暖める

練習しているうちに、身体は暖かくなってきますが、弾き始めから身体があったまってくるまでに注意が必要です。

個人的には電気マットがおすすめです。

エアコンでぼーっとしてしまうのと、腰を暖めると身体全体がポカポカするのと、腰痛予防にも一役買っています。

まとめ

手が冷たい状態でピアノを弾くとどうなるのかについて

  1. ミスの量が増える
  2. 上手くコントロールできない
  3. 痛めてしまうリスクがある

解説しました。

痛めてしまったら治るまでに時間がかかってしまいます。

そうならないように予防する事がとても大事なので、寒い季節は気を付けてください。

 

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTubeチャンネル

Vimeo 公演

サイト内関連記事

おすすめ書籍

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【オンラインセミナー】

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです