スポンサーリンク

すごい録音3選

ピアノ弾きのつぶやき, つぶやき, CD

最近ではダウンロードやネットで音楽を聴くことが多くなりましたが、ほんの10年ほど前まではまだメディアを購入して様々な演奏を聴くことが多かったですね。

CDって最近はすっかり買わなくなっちゃったなぁ。ダウンロードばっかりだ。
ほんと便利になったよね。でもメディアはライナーノートもあって読み物としてもとても面白いよね。
かずねぇ
かずねぇ

とある地方FM局でラジオ番組の企画構成を担当していたころ、ネタを探すためCDを聴きまくっていました。その中で特にピアノ弾きとしてこれはすごい!と思った演奏音源を…絞りに絞って3つご紹介。


スポンサーリンク

マルタ・アルゲリッチ シューマン幻想小曲集&幻想曲

アルゲリッチの若かりし頃の録音で、幻想曲の音源はこれのみ。近年の演奏は円熟味を増し特に室内楽演奏におもむきを置いていますが、若いころの彼女の演奏はどの楽曲もパワーとそしてスピードに圧倒されます。現在大活躍している女流ピアニストのユジャ・ワンをさらにパワフルにしたような印象です。

幻想曲は猛スピードな緊迫した音楽に中に情感たっぷりな変化が表現され、とにかく圧倒される。おいおい、ちょっと速すぎやしないか!?とツッコみたくなるかもしれないが、その完璧すぎる内容にぐうの音も出ないのが正直なところ。アルゲリッチならではの彼女にしか表現できない音楽です。

マルタ・アルゲリッチ シューマン:幻想曲&幻想小曲集
created by Rinker

ラフマニノフ プレイズ ラフマニノフ

ラフマニノフがロシア革命の混乱を避けアメリカへ渡った時、作曲だけでは生活できなくてピアニストとして活動していたころの録音で、RCA音源の殆どがまとめられたCD集。

自身作品のコンチェルト全曲とパガニーニ狂詩曲、ソロ曲、バッハ、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューマン、ショパンの作品も数多くあり、そしてクライスラーとのいわくつきの豪華デュオも収録されている。何といっても彼自身の作品を彼自身の演奏で聴けるというのが、より作品の理解を深めてくれます。

印象的なのが大柄の見た目とは反して演奏が繊細であるという事。そしてこのCD集は何といってもライナーノートが素晴らしい。

ミハエル・プレトニョフ カーネギーホールリサイタル

東西冷戦時代にチャイコフスキーコンクールを制覇したプレトニョフによる、アメリカのカーネギーホールでの華々しいリサイタルのライブ録音CD。プレトニョフのCDは他にもライブ録音のものが多く、ライブでこのクオリティー!すごくね?と、その衝撃たるや。

初プレトニョフは音や経歴はまだ知らぬ頃にジャケットに惚れて。しかし、いざ聴いてみて「ピアノってこんな立体的に演奏できるものなのか!」と相当な衝撃をうけ、番組で特集を組むべくリリースされているCDすべてを集めて聴きまくった中で厳選してこの1枚。(ホントはあと数枚は選びたいところ)

本編もさることながら、アンコールがまた素晴らしい。イスラメイをさらりと弾いてしまうタフさにも驚かされる。ピアニスト必聴のアルバムです。

まとめ

現代のピアノ学習者やピアニストは素晴らしい演奏をする人が増えました。ネットで沢山の良質な音楽を聴けるようになり、正解値により近づきやすくなったからだと推測されます。しかし皆が似たような素晴らしさの感じがして、衝撃的な演奏に出会う瞬間が減ったように感じています。

そんな時に往年のちょっとクセが強いが筋の通った演奏を聴くと、脳内にスパイスをかけられたような刺激があります。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです

かずねぇのLINEスタンプ